防水塗装

お住まいの屋根・ベランダ・屋上などの防水対策を行うことで、雨漏りのトラブルを防ぐことができます。
ベランダの床がひび割れていたり、変色して黒ずんでいたりしませんか?
防水性がきちんと機能していないと、むき出しになったコンクリートから雨水が浸み込み、いずれは雨漏りを引き起こしてしまいます。
“原因の分からない雨漏り”でお困りの場合は、屋上やベランダの床をセルフチェックしてみましょう。

 

屋上やベランダに、こんな症状ありませんか?

□ 床の塗膜に、剥がれ・膨れ・浮きがある

下地と塗膜の接着力が弱まることで起こる現象です。
内部からの漏水により起こるケースも少なくありません。

□ 変色・色落ち・汚れなどが見られる

雨・紫外線・熱・風により塗装面が劣化し、防水塗料の本来の機能が低下してしまっている状態です。
耐候性の高い防水塗料を塗ることで、より長く健康な状態を保ちましょう。

□ トップコートの摩耗

防水塗装はほとんどの場合、床に塗装されているものです。
そのため、歩行などの摩擦をうけてしまい、どんなに強い塗料を使っていてもいずれは磨り減ってしまいます。
定期的にトップコートを塗り替えることで、防水性を維持させましょう。

 

こんな防水工事はお任せください!

◆ウレタン防水

ウレタン防水は、液体状のウレタン樹脂を防水したい箇所に塗り付ける工法です。
複雑な形状をした場所でも、継ぎ目のない美しい防水膜を形成できるのが特徴。
優れた施工性を持つため、広く普及しています。

◆塩ビシート防水

塩化ビニル樹脂系のシート状の材料を、下地に貼り付けて防水膜を形成する工法。
太陽の紫外線、熱、オゾンに対して高い耐久性を持っており、短工期な点がメリットです。

一覧ページに戻る