外壁塗装

外壁塗装は、ただお住まいの外観を美しく保つ為だけに行うものではありません。
本来の目的はお住まいの耐久性を守り、建物の健康を守ること。
外壁を保護している塗膜の効果がなくなると、雨漏りやシロアリの発生につながってしまいます。
外壁塗装とは、このような問題を防ぐために最もコストパフォーマンスの良いリフォームなんです。

 

こんな症状は要注意!外壁のセルフチェック

□外壁の色あせ

塗装表面のツヤがなくなり、色褪せてはいませんか?
あわてて塗り替える程ではありませんが、防水性や防錆性の効果が落ちてきている証拠です。

□外壁を触ると白い粉が付く

1日のうち、1番長く日が当たる壁をチェックしてみてください。
もしも手に白い粉が付いてしまったら、その正体は粉状になった塗料です。
紫外線によって分解され劣化し、外壁を保護する力が失われてる状況。
補修費用などがかかってしまう前に、ぜひ塗り替えをしましょう。

□コケ・カビ

湿気の多い場所や、日当たりの悪い場所をチェックしてみてください。
コケやカビが発生していたら、すでに塗料の防水性・抗菌性が切れている証拠です。

□塗装の膨れ

塗装時に水分が残っていた場合などによく起こる症状。
施工期間が、湿度の高い梅雨時期に重なっていた場合に多く見られます。

□塗装の剥がれ・めくれ

膨れと同じ原因で起こりやすいものですが、外壁に合っていない塗料を使用した場合にも見られます。

□外壁のひび割れ

よく見ると小さなひび割れが沢山あるというお家も意外と多くございます。
この段階では既に外壁を保護していた塗膜が失われて、お住まいは無防備な状態。
小さな隙間から建物内部に水分が浸入してしまうため、放っておくと腐食してしまいます。

□雨漏り

原因不明の雨漏りでお悩みの場合は、外壁にひび割れなどがないかチェックしてみてください。
屋根が原因になっていることが多い雨漏りですが、外壁が原因のケースも珍しくありません。


このような症状が起きている場合、早めに塗り替えをすることで、建物の寿命を保つことができます。
大規模な工事で余計な費用がかかってしまう前に、気になる箇所をメンテナンスしましょう。

一覧ページに戻る