シーリング(コーキング)

サッシや外壁材同士のつなぎ目・コンクリートの接合部分などには、建物の構造上必ず隙間ができてしまいます。
その隙間を埋めるものがシーリング材。
シーリング材は高い防水力と気密性があり、建物にかかる衝撃を吸収したり、雨水の浸入を防ぐ役割があります。

しかし、そんなシーリング材も5年を過ぎると劣化が始まると言われているので、定期的な補修が必要です。
「窓の隙間のところから水が入ってくる…」「劣化が進んで外壁の隙間がボロボロ…」といった症状がみられる場合は、そのまま放っておかずに当社までご連絡ください。

ずっと安心して暮らせるよう、しっかりと建物の補修をしていきましょう。

 

シーリング(コーキング)の役割

□ 部材同士がぶつかり合わないようにするためのクッション材
□ 建物の防水性を高め、雨漏りを防ぐ
□ 部材や外壁材同士の隙間を塞ぎ、建物の気密性を保持する
□ 経年劣化からくる、外壁のひび割れを補修する充填材

もしサッシや外壁のつなぎ目に、「シーリングのちぎれ・剥がれ・縮み・ひび割れ」などを発見したらそのままにしておかず、お気軽に当社までご相談ください。

一覧ページに戻る